夏でも長袖を着たい!涼しさを保つには

更新日:2024年06月14日 43,980 PV

夏は日焼けが気になるから長袖を着たいけど、暑くて着ていられないと思っていませんか?実は、夏は半袖より長袖を着た方が涼しく感じるのです。「長袖は熱がこもるのでは…」と思われがちですが、服の素材や色、形を工夫することで、夏をいつもより涼しくすごせるかもしれません。そこで今回は夏に長袖をおすすめする理由や、選び方、涼しく感じる着こなし術までご紹介します。

 

夏は半袖より長袖の方が涼しい理由

夏は半袖より長袖の方が涼しく感じる理由は、2つあります。まずは、それぞれの理由について簡単に知っておきましょう。

 

直射日光があたらない

夏に半袖を着ていると、腕に長時間直射日光が当たることに。すると肌の表面の温度はどんどん上昇していき、体温も上昇します。つまり肌に直射日光があたることで、体温は上昇していくのです。

 

一方で長袖を着ると、肌に直射日光が当たるのを防げます。直射日光が当たらなければ、肌の表面温度の上昇が抑えられ、同時に袖と肌との間の空気の温度上昇も抑える効果も。長袖は熱がこもって暑そうと思われがちですが、むしろ体温の上昇を抑えてくれる優れものなのです。

 

汗を吸収して熱を逃がしやすい

汗は体から蒸発するときに、体温を奪うことで、体温を下げる効果があります。半袖の場合は腕に汗をかいても吸収されないので、なかなか体から蒸発していきません。

 

しかし長袖は、腕にかいた汗をすばやく吸収して発散してくれます。肌から汗が蒸発するのが速いため、涼しく感じるのです。

 

 

夏でも涼しい長袖の選び方

どの長袖も夏は涼しいというわけではなく、涼しく感じる素材や色があります。どのような素材や色を選べば涼しく感じるのか、種類別に解説していきます。

 

リネン素材

リネンとは麻の一種で、亜麻(あま)のこと。吸水性と速乾性に優れているため、かいた汗がベタつかず、涼しく感じます。肌触りもやわらかいため、敏感肌の方にもおすすめです。さらに通気性も抜群。繊維が空洞になっているので、風を通し、熱がこもりにくくなっています。薄地ですがとても丈夫な繊維で、こまめに洗濯しても傷みにくいのも特徴です。

 

モダール

モダールとは、植物から作られる繊維「レーヨン」の一種。オーストラリアのレンチング社が作り出したレーヨンは、ブナを原料としており、「モダール」として商標登録されています。植物由来で肌にやさしく、吸湿性に優れた素材。シルクのような光沢とやわらかな肌ざわりで、夏でもさらさらと快適に着られます。耐久性が高いので、洗濯機で何度も洗えるのも魅力です。

 

 インド綿

蒸し暑いインドでも快適にすごせる素材。インドで栽培されるコットンで、通気性に優れています。さらに吸水性も高いため、服の中がジメジメするのを防ぐのに効果的です。少し色あせた風合いが、エスニックな雰囲気で人気のある素材。しかし耐久性は低いため、手洗いでの洗濯がおすすめです。

 

短時間なら「白」、長時間なら「赤」がおすすめ

紫外線を遮断するのに効果的な色は「黒」ですが、熱を吸収しやすいため、夏にはあまり適さない色です。熱を反射する色といえば「白」と答える方は多いと思いますが、実は白は15分以内という短時間の日照であれば涼しく感じます。しかし長時間の日照では、暑く感じるという結果を北京週報が発表しています。

 

驚くことに、長時間の日照で涼しく感じるのは「赤」という結果に。20分以上直射日光を浴び続ける場合は、「白」よりも「赤」の方が涼しく感じるとともに、紫外線を吸収しやすいようです。「赤」は涼しいだけでなく、日焼けも防止できる色なのです。

 

 

夏でも長袖を涼しく着るための着こなし術

 

素材や色の選び方はご紹介しましたが、実際の着こなし方にはどのようなコツがあるのでしょうか。機能性だけでなく、おしゃれに見せるための3つのポイントをご紹介します。

 

長袖のTシャツは大きめサイズを選ぶ

少しでも通気性を高めるためために、長袖のTシャツは大きめのサイズを選びましょう。身幅や肩幅などがゆったりとしたTシャツを選べば、風通しがよく、快適に着こなせます。袖口の幅が広めのものは、袖からの風通しもよくなるうえに、おしゃれな雰囲気に。

 

 長袖ワイシャツをジャケットのように羽織る

半袖を着た上から、長袖のワイシャツをジャケットのように羽織ると、体温調節がしやすく重宝します。外出中は羽織っておき、涼しい室内では脱げるので便利。リネン素材の白のワイシャツは、清楚で涼し気な印象になります。ロングタイプは、清楚な中にも、こなれた雰囲気を演出できる大人のコーディネートにぴったりのアイテムです。

 

 レースや透け感のある素材で涼しさと女性らしさを出す

白いワイシャツは、清楚で落ち着いた大人な印象にできるのがポイント。しかし、もう少し女性らしい甘い雰囲気を演出したい方には、レースや透け感のある素材を選ぶのがおすすめです。

 

レースや透け感のある素材は、見た目が女性らしいだけでなく、通気性も抜群。見た目と機能性を兼ね備えた素材といえます。

 

コーディネートのポイントとしては、甘くなりすぎない組み合わせにすること。例えば、カーディガンにレースや透け感のある素材を使う場合は、インナーはシンプルな無地のものにするとよいでしょう。シンプルな服装に甘めのカーディガンを組み合わせることで、女性にも男性にも印象のよい女性らしいコーディネートにできます。

 

 

夏は長袖で涼しく、紫外線もバッチリガード!

今回は、夏こそ着たい長袖についてご紹介しました。長袖は汗を吸い取り、体の熱を発散するだけでなく、紫外線からも肌を守ってくれるアイテムです。夏に最適な素材や色、形の長袖を選べば、熱中症や日焼け防止に効果を発揮してくれます。今回の記事をを参考にしていただき、今年の夏は機能性が高く、おしゃれな長袖を取りいれてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsutetekonetをフォローしよう!

お客様の率直なご感想をお待ちしております。この記事の感想を送る
この記事を編集した人

midori arakawa

サイクリングと筋トレが趣味。普段は遠出をしないが、たまに思い切って海外旅行に出かけたりする。

midori arakawaの記事一覧はこちら

すててこちゃんの
ページはこちら♪

すててこちゃんぬりえコンテスト開催中!